吉田スーツ オーダーメイドの手順

ご来店



 
 
営業時間は12時から19時まで。お休みは毎週月曜日と火曜日です。なお、土・日曜日は、かなり混雑しますので、可能でしたら平日のご来店をオス スメします。また「土日の混雑を避けたいが平日の日中は無理」という方には、ご予約いただければ営業時間以後でもお待ちしておりますので、ゆったりとオーダーをされたい場合は、ご一報ください。とくに初めてのお客様は、お時間がかかる場合がありますので、余裕を持ってのご来店をお願いいたします。ちなみに国分寺店と虎ノ門店と下北沢店では、生地のラインナップと価格は同一ですので、ご安心してご来店ください。

生地選び



 
 
ご来店いただきましたら、まずは生地をお選び下さい。店内に展示されている約200点の現物生地と、ご用意いたしましたサンプル・バンチ(生地見本帳)からお選びいただけます。なお、ダブル・ブレストやスリー・ピース、ツー・パンツ・スーツなどをご希望の場合は、店内にご用意いたしました現物生地によっては長さがたりず製作できないことがありますので、あらかじめお申し付け下さい。長めの生地をお選びいたします。もちろん、サンプル・バンチからの選択でしたら、その心配はございません。

採寸



 
 

生地が決まりましたらお客様のサイズをお測りいたします。その際、ごめんどうでもサイズが一番ぴたりとしたお気に入りのドレスシャツを着てご来店いただけると、採寸がはかどりますし、完成後に修正する必要がほとんどなくなります。所用時間は30分ほどです。また、サイズ見本服を着用いただいてジャケットやパンツのサイズを決めさせていただきますが、より厳密なフィッティングをご希望される場合は、本仮縫いをおつけすることもできます。その場合のオプション料金は1万5000円(+税)です。


お仕立てグレードの選択



 
 
吉田スーツでは、みなさまに、よりリーズナブルで完成度の高いスーツをご提供するため、お仕立てのグレードを3段階に設定しております。もっともリーズナブルでお手軽にオーダースーツを楽しむなら「ベーシック・ビスポーク・ライン」を。基本価格は3万9000円(+税)から。より高度な仕立てと抜群のフィット感を味わうなら「エグゼクティブ・ビスポーク・ライン」を。基本価格は7万9000円(+税)からです。そして、手作業による工程を多用した国産最高峰のお仕立てをご堪能いただくなら「プレミアム・ハンド・ライン」を。基本料金は14万9000円(+税)から。もちろん、使用する生地によってこの価格は変動します。また、生地によってはベーシック・ビスポーク・ラインの設定がないものもありますので、店長にご相談ください。

スタイルの決定



 
 
いよいよここでスーツのスタイルを決めましょう。シングルかダブルか? スリー・ピースかツー・ピースか? ノッチドラペルかピークドラペルか? ポケットの形とスタイルは? などなど、スーツのスタイルもさまざまです。もちろんオーダーメイドが初めての方でも店長が細かくご説明いたしますので、ご安心ください。なお、スリーピースは1万円(+税、エグゼクティブ・ビスポーク・ライン以上のベストは2万円(+税)、ダブルブレストは4000円(+税)、ツー・パンツ・スーツは1万5000円(+税)より、それぞれオプション料金を申し受けます。

ディテールの決定



 
 
おおまかなスタイルが決まりましたら、細部(ディテール)を詰めていきましょう。まず裏地を決め、そしてボタンやステッチの有無と入れ方、さらには袖口のボタンを本開きにするかどうか、などを決めていきます。なお、裏地やボタンには基本価格に含まれているものと、オプション価格がかかるものとがありますので、ご予算に応じてお選び下さい。またステッチと本開き仕様にはオプション価格がかかりますが、オーダーらしさを演出するための重要なポイントであることを頭に入れておいてください。

発注



 
 
これですべての項目が決定いたしました。料金をお見積もりし、納期をお知らせいたします。これにご納得いただけましたら、料金をお支払い下さい。全額、あるいは半額を頂戴いたします。現金のほか、クレジットカード(VISA、マスター、アメリカンエクスプレス、JCB、DC、UC、ニコス)の使用も可能です。なお、ご注文完了後の仕様変更につきましては、受注日の翌日までにご連絡をお願いします。それを過ぎますと工房での作業が始まってしまい、仕様変更を指示することが不可能となりますのでご了承ください。ちなみに本仮縫いをご指定いただいた場合でも仕様変更の指示は極力、お早めにお願いします。

本仮縫い



 
 
オプションで本仮縫いをおつけいただいたお客様(メンズのみ)には、仮縫いのご用意ができしだいご連絡いたします。所要日数は3週間から4週間です。ご面倒ですが吉田スーツにご来店いただき、仮縫い服をご着用の上、店長が細部を修正いたします。この段階でしたら、まだ修正できる部分もございますので、サイズ以外の部分で何かご希望がありましたら、必ず店長にお知らせ下さい。でも「シングルをダブルにしてくれ」なんてのはダメですよ…。

納品



 
 
完成したスーツおよびジャケットが縫製工房から到着いたしましたら、お控えの紙に記載のある納品日にご来店ください。(当店より出来上がりのお電話は入れておりません)。宅配便での配送も可能ですが、完成品をご着用いただいて、店長が最終的なフィッティングをいたしますので、できればご来店いただきたく思います。ここで問題がなければ納品となりますが、若干の修正が必要な場合は、お預かりしての補正となります。ちなみに、吉田スーツではオーダーいただいたスーツを末永くご愛用いただけますよう、ボリューム感のある木製ハンガーをプレゼントいたしております。持ち運び用のカバーもおつけしますので、手ブラでご来店いただいても大丈夫。ただし、発注時にお渡ししたお客様控えはお忘れなく!

アフターケア
 
実際に着用されて、何か不都合が発生いたしましたら、どんなことでもすぐにご連絡ください。できる限りの対処をさせていただきます。また、クリーニング等にもご注意ください。希にですが、事故によって変色や脱色が発生する場合もございます。その場合もすぐにご連絡ください。同一生地の手配や同様の事故が過去にあったかどうかなど、可能な限りの対応をさせていただきます。スーツは正しい手入れさえ怠らなければ、長く着用できるものです。お手入れのことでお困りの場合も、やはり吉田スーツへご一報ください。ブラシやハンガーなどケア用品もお取り扱いしております。